読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPシミュレーション -高校~大学卒業までの費用について-

今日はひな祭りですね。3月も始まり早く暖かくなるといいですね。

f:id:h-koge:20150303084259j:plain

さて、昨日のブログで

『FP資金シミュレーション』を受講される方が、凄く増えてきました。

とお話しましたが、今日は 高校~大学卒業までの費用 について少しお話致します。

 

先日、

H27年2月20日に日本政策金融公庫から「教育費に関する調査結果」が発表されました。

いくらぐらいかかるのか

あまり考えた事がない方がほとんどかと思いますが、お子様がいらっしゃるご家庭は

必ず訪れる時期になりますので、少しでも早めに意識して考える事が非常に大事です。

 

ズバリ!

高校~大学卒業までに必要な費用は 約1485万円

※自宅外通学の場合で入在学費用+仕送り額+自宅外通学開始費用すべて含んで

内訳:入在学費用     約880万円/4年間

   仕送り額      約560万円/4年間

   自宅外通学開始費用  約45万円/初年度

 

子供が二人いれば 2倍 の 約2970万円 になります。

 

f:id:h-koge:20150303081625j:plain

f:id:h-koge:20150303081632j:plain

f:id:h-koge:20150303081638j:plain

                       ※日本政策金融公庫 実態調査結果資料抜粋

 

さて・・・

これだけのお金をどこで捻出するのか・・・

と真剣に悩んでしまいますが、実際は一気にこれだけのお金が必要になるのではなく、7年間の累計の金額ですので少し楽に考えた方が良いかと思います。

 

でもたくさんのお金をどうやってやりくりするのか、これも調査結果で出ております。

 教育費以外の支出を削っている

 ■預貯金や保険などを取り崩している

 ■奨学金をうけている          etc・・・

   

教育費以外の支出を削るとは・・・?

 →旅行、レジャー費

 →外食費

 →衣類の購入              etc・・・

 

 なるべく贅沢はせずに外食も控えめにするご家庭が多いようです。

でも、過度に節約しすぎると反対にストレスが溜まってしまいますので

外食やレジャーはきちんと計画を立てて実行すればいいと思います。

無計画に実行すると、どうしてもお金が知らない間に無くなってしまいます!

 

f:id:h-koge:20150303083053j:plain

                            ※日本政策金融公庫 実態調査結果資料抜粋

 

住宅を購入するタイミングが一番

色んなことを見直す事が出来きますので

住居費、教育費、老後費をきちんと考えていきましょう。

 あと、保険の見直しも非常に大事です!!

 

 

 

引越し 見積もり 賃貸マンション